一攫千金のギャンブルの魅力について

ギャンブルは、少ない投資金額で大きく稼ぎ出すことが基本です。
そのため、どういったギャンブルに投資をすれば良いのかを考慮する必要があります。
日本で認められているギャンブルについては、
宝くじ、公営競技、民間のパチンコ・パチスロ店の三つがあります。
その他に株式投資やFX投資もある意味、人によってはギャンブルと
一緒であるといった認識を持たれる方もいたりします。
どちらかと言えば株式投資やFX投資は長期投資が主流でもありますので、
ギャンブルというよりはむしろ資産運用の側面が強い印象があります。
その中でも一番、当選金額が高く夢があるのは宝くじです。
例えばジャンボ宝くじでは一等前後賞をあわせると5億円、
ロト6でも1億円単位の金額の当選金が設定されています。
的中すれば人間の一生を仕事しないで遊んでも暮らすことが出来るということで魅力でもあります。

公営競技については、競馬、競艇、競輪、オートレースの4つあります。
これらは毎日どこかの場所で開催をしていることによって、チャンスも沢山あります。
またレースの傾向性やその展開を読むことによって、的中率をアップさせることも可能です。
ただ配当金額についても宝くじほどの爆発力はなく、
競馬予想した馬券の三連単で1000万配当がたまに出るぐらいです。
よく「競馬で億万長者」という謳い文句もありますが、実際に競馬予想している人は、
割とコツコツ頑張って当てているということです。
ただ競輪のキャリーオーバー制のチャリロトが宝くじ並みの配当金で1億円近くなる場合があり注目です。
またチャリロト推奨サイトにおいても、この高額当選もあるチャリロトが
比較的に的中確率の高いことを売りにしていたりします。
なお民間のパチンコ・パチスロは、日本全国のどの地域でも存在する娯楽施設で、
手軽に遊び事が出来て、大当たり当選もあるギャンブルとして認識されています。
ただ稼ぎとして考えるとせいぜいうまく行っても10万円前後、
ほとんどが1万円~3万円程度の範囲に収まります。
なお手軽に存在することから、試行回数が多くなるほど大数の法則に適用され、
なかなかトータル的収支を見ると勝ちを収めるのは至難であります。
ただギャンブルで一攫千金の夢を持ち続けることは、
人間が生きていく上でも活力になる点はあります。
毎日の生活が味気ないため、ギャンブルを遊戯することで面白く感じられたりする場合もあります。
そして、ギャンブルに勝つために研究を行ったり、調査をしたり、
また同じ様なギャンブルを愛する仲間と盛り上がったりすることが出来ることも魅力でもあります。
このようにギャンブルを楽しむことが出来る余裕がある人は、
時間や投資金額を決定して楽しめばいいでしょう。